Japanese English





フルカラー再生及び大画面化によるリソグラフィ技術の完成


パラメトリックアレースピーカ(PAL)を用いた3次元音響技術
 

超指向性を実現するPAL

通常のスピーカと異なりユーザの耳に音を直接伝達
小規模かつ安価に音の立体感を実現可能

視聴覚の融合は立体感を強調可能
より立体感を強調したホログラムを体感可能!




スケータブル超大規模データ圧縮技術の開発
 


ホログラフィでは10cm角程度の映像(静止画)でもその画素数は1010~1011に達する
動画像にすれば1016~1017の規模に達する
現状では, 非圧縮と考えた場合,静止画104~106 程度,動画像で1012程度となり4桁から5桁程度違う.
ホログラフィデータは通常の画像データの性質とは大きく異なる.
新たな原理に基づく圧縮手法の開発が必要


動的無線資源割当技術及び動的コンテンツパラメータ制御



 

コンピュータホログラムを応用した衣服デザイン支援


コンピュータが生成するテキスタイルデザインによる衣服を着衣した状態のコンピュータホログラムをリアルタイムに生成
デザイナーが様々な角度から衣服デザインを確認することが可能となるシステムを開発
将来的にはホログラフィによるヴァーチャルファッションショーなどに技術展開




©2014 コンピュータホログラフィ技術を中心とした超大規模データ処理思考コミュニケーションプロジェクト